記事一覧

補修用レンズご紹介

ファイル 10-1.jpgファイル 10-2.jpgファイル 10-3.jpg

こんばんは、 Y です。

今日は4Lレプリカ CLASSIC LEDテールライトキットの補修用レンズをご紹介致します。

わざわざ補修用パーツの紹介って何で??と思われますよね。

その理由は、商品名からすると当社製品の4Lレプリカ CLASSIC LEDテールライトキットや

4Lモンキーの純正にはリペアとして使えそうなのが何となく想像できるのですが、

リトルカブ等カブ系にもリペアとして装着できます。※注①

カブ系に4Lレプリカ CLASSIC LEDテールキットごとは使用できないのですが、レンズのみは装着できました。

両サイドにオレンジ色のリフレクターが付いていて、なんとなくレトロな感じでお洒落ですよ~。

レンズ色はレッド以外に、スモーク、クリアーが有りますので車両に合わせてご選択頂けます。※注②

補修用レンズの価格は3色共 : ¥1050(税込み)です。

カブユーザーさん、手軽に出来るドレスアップいかがでしょうか~。

それでは今日はこの辺で失礼します。

※注意

  ①リトルカブ以外のセル付き車両等、レンズの形状違いで装着出来ない車両も御座います。
    ご自分の車両のレンズの形状をご確認下さい。

  ②スモーク、クリアーレンズを装着される場合はバルブが赤色に点灯するものに同時交換をお願いします。

  ③レンズを取り付ける時はネジを締めすぎてレンズ、テールベース等の破損に気を付けて下さい。

新商品ご紹介

ファイル 9-1.jpgファイル 9-2.jpgファイル 9-3.jpgファイル 9-4.jpg

こんばんは、ご無沙汰しております Y です。

今日は、出来たてホヤホヤの新商品をご紹介させて頂きます。

その商品とは・・・・・・

①モンキー・APE系エンジン用マグネット付きオイルドレンボルト・・・・・¥1260(税込み)

②モンキー系エンジン用テンショナードレンボルト ・・・・・・・・・・・・・・・・¥1260(税込み)
 ※12V・6Vエンジン用の2種類同価格で有り

③モンキー系エンジン用テンショナー&オイルドレンボルトセット・・・・・¥2415(税込み)
 ※12V・6Vエンジン用の2種類同価格で有り

の3商品でカラーはシルバーとガンメタ2色のアルマイト仕上げになります。
もちろんアルミガスケットも付いていますよ!!

オイルドレンはマグネットが付いていますのでエンジン内の鉄粉をマグネットがキャッチしてくれます。
と言う事はエンジン内が鉄粉でダメージを受ける事を緩和してくれ、エンジンロングライフ化にも繋がりま~す。

ネジサイズはM12ーP1.5ですので当社が設定しています車種以外にも使用可能かもしれません。
 ※他車種での装着は当社では確認取れていませんのでくれぐれもマグネットまでの全長等、
   各サイズをお確かめの上ご判断下さい。

オイルドレン・テンショナーボルト共に容易にワイヤーロックが出来る様にワイヤーロック用の穴が開いています。
と言う事は・・・・・モンキー系エンジンはオイルドレンとテンショナーボルトの互いにワイヤーを掛ける事が出来るという事ですよね!!
と言う事はと言う事は今までクランクケースにワイヤーロック用の穴を開けていた方、両方を装着すればクランクケースに
穴を開ける作業をしなくてもよくなりますよね!!
 ※参加されるレースのレギュレーションをよく確認してレギュレーションに則った処理をして下さい。

テンショナードレンボルトはモンキー系6V用、12V用の両方の設定が有ります。
12Vエンジンでマニュアル式に変えている方、又は6Vエンジンでメンテナンスフリーのオート式に変えている方も
現在ご使用のタイプをよく確認して選んで頂ければどちらかは装着できると思います。

おぉ~!!と思って頂いた方、是非どうぞ。

※脱着時は、適切な工具でトルクレンチを使用して適切なトルクにて行って下さい。
  くれぐれもスパナ等間違った工具で脱着はしないで下さいね!!

では今日はこの辺で失礼します。

ビレットパーツご紹介

ファイル 7-1.jpgファイル 7-2.jpgファイル 7-3.jpgファイル 7-4.jpgファイル 7-5.jpg

こんばんは、 Y です。

今日はビレットパーツを1つ紹介させていただきます。

そのパーツとは、モンキー系エンジン用ビレットカムカバーです。

実はこのアイテム・・・・・・、優れものなんですよ~!!

カムカバーの取り付け方と言うと皆さんご存知かとは思いますが、右側のサイドカバーから
M6×110㎜の長~いボルト1本で止めてるだけなんです。

そんな構造なので緩まないかなぁ~??と、ついついオーバートルクでボルトを締めたくなりますよねっ。

ですがカムカバー側のネジ山はM6サイズですし、材質がアルミなのでボルトを締めている途中で
いやぁ~な感覚を経験された方も少なくないはず!!

ですが、それは純正のカムカバーの話です。
そこでっ!!SHIFT-UP製ビレットカムカバーへ交換するだけでそんなトラブルともおさらば出来ます!!

なぜかと言うと、そのM6のネジ山にヘリサート(リコイル)と言う物を組み込んで有りますので
ネジ山が本来のアルミのネジ山の時よりも強化されています。
※限度がありますので締め付けはくれぐれもサービスマニュアルの規定トルクで締め付けて下さいね~!!

オマケに、本来ペパーガスケットを使用する所をOリング仕様へ変更していますので、
オイル滲みが起き難いですし、繰り返しの脱着にも耐えてくれます。

さらにさらに、外側はフィンタイプになっていますので冷却性能がUPしますしカッコイ~ですよねっ!!

どうですか??大きいパーツでは無いですけど純正に比べると大きく性能UPしているでしょ??

おぉ~っ!!と思って頂けた方、画像の様にカラーは3種類ですので車両に合わせてお好みのカラーを
お選び頂けますので宜しく願いします。

では今日はこの辺で失礼します。

答え発表~

ファイル 6-1.jpgファイル 6-2.jpgファイル 6-3.jpgファイル 6-4.jpgファイル 6-5.jpg

こんばんは、 Y です。

まだまだ暑い日が続く様で、熱中症になりやすい時期です。

体調管理、特に体重管理に注意をして楽しく元気にこの夏を乗り切りましょ~!!

さてさて、先日のクイズですが想像して頂けましたか??

画像を一目見て分かった方もおられたと思いますが、答えを発表しま~す。
 
答えはっ・・・・・・・・・・・
 
 

何とこの夏一押し!!新型花火~~では無くて、
 
 
 
実は・・・新型コンパクトダイナマイト~~でも無くて、
 
 
 
ウインカーインジケーター配線KITでした。

12Vモンキー、ゴリラ、APE50などの30㌔で点滅するLEDをウインカーインジケーターに変えてしまう代物です。

ノーマルヘッドライトで乗っていると30㌔になると赤いLEDがピコピコと点滅し続けるのでかなり目障りですよね!!

そこで、この目障りなLEDをもっと役に立つようにしてみました。

電気系が得意な方ならすでにやられているでしょうけど・・・。

元々、モンキーやAPEはウインカーインジケーターが付いていないので交差点を曲がり終わった後でも

ウインカーを消し忘れて恥ずかしい思いをされた事のある方は多いはず!!

そこで、作って見ました配線無加工KIT。

取り付けは至って簡単。画像の様にLEDとウインカー・LEDとアースの配線にギボシで割り込ませるだけ!!

後は、エンジンを掛けてウインカーを出してみると・・・ ほぉ~ら、ウインカーと一緒に点滅します。

電気関係が苦手でも配線を切った、繋げた等しなくてもよい優れものです!!っと勝手に思っております。

ウインカーインジケーターに変わるだけで、愛車が性能アップした様に思えるオマケ付き!!

いやぁ~4MINIって本当に面白いですねっ!!

では今回はこの辺で失礼します。

※この様な配線KITはくれぐれも原付2種の届出をされている車両だけにして下さいね!!

花火??ダイナマイト??

ファイル 4-1.jpgファイル 4-2.jpgファイル 4-3.jpgファイル 4-4.jpg

 初めまして、SHIFT-UPの Y です。

さて皆様かなり暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか??

暑さに負けずバイクライフを楽しんでおられますでしょうか?

楽しんで頂いているようでしたら大いに結構ですが、事故等には十分に気を付けてバイクライフを満喫して下さい。

さて、しょっぱなですが皆様にクイズです!!

アップしている画像はナンだと思います??

ヒントになるかどうか分かりませんが、配線の色、本数が唯一の手掛かりかなぁ~と思います。

配線がヒントなんで電気系ですかねぇ~??
それとも新型の花火??
まさか新型のダイナマイト??????

さぁ皆様、色々想像してみて下さい。

答えは・・・・・・

近々発表したいと思います。

毎回こんな感じになるかどうかは分かりませんが、これからも宜しくお願いします。

かにかに8インチ v( ̄∇ ̄)v♪

ファイル 2-1.jpgファイル 2-2.jpgファイル 2-3.jpg

こんにちわ♪ K野です(笑)

初ブログです(; ̄ー ̄A

ブログやるぞ~・・・と・・・息巻いて準備したものの・・・

何書いていいのやらゝ( ̄□ ̄;;)Ξ(;; ̄□ ̄)ノノ

で・・・弊社スタッフHA本君にネタ作ってもらいました♪

8インチホイール+ビレットキャリパーをモンキーのリアに入れてみよう(・_・ )

入るかな?どうかな~?の確認って事で♪

今回使用したホイールはGクラさんの3.5J-8インチ
タイヤはB77-120-70-8です。

このホイールはノーマルハブ対応品なのでシフトアップのディスクハブにもピッタンコ♪(v^-^v)♪

キャリサポもシフトアップ使いました(笑)

仮組みなのでブレーキホースが無かったり・・・
ディスク板のボルトが1本止めなのはご愛嬌♪

問題は・・・タイヤチューブのエアバルブ
キャリパー側にバルブが来るとさすがにキャリパーに当たっちゃいます。
ストレートバルブでもいいんですが・・・どうやってエア入れるねん( ̄○ ̄#)凸

これをどうするか?が今後の課題です。

組込みにはディスク板とキャリサポの組込み手順にコツが入りますが、
アクスルシャフトを締めこんでみると・・・

絶妙(@◇@;)

キャリパーがしっかりリムの内側に収まり 隙間2~3mmってとこか?

いい感じで収まりましたね~ヽ(^-^ )

また完成したらご報告致します♪

ページ移動